よく選ばれている価格帯

ダイヤモンド

結婚するときには、合計3本の指輪を購入するのが一般的です。男性から女性に贈る婚約指輪と、男女ともに身につける結婚指輪です。結婚指輪は、結婚式でお互いが交換しあうもので、基本的に毎日身につけます。それに対して、婚約指輪は、永遠の愛を誓う証として男性がプロポーズをするときに贈ります。映画やドラマなどでは、男性がサプライズとして女性に贈る場面を良く見ますが、カップルでお店を回って探すというケースも多いです。指輪を購入するときに知っておきたいのが、相場です。ジュエリーブランドはさまざまあり、低価格の物から高額の物まで価格帯は幅広いです。そのため、相場を知るのは難しいですが、人気が高い価格帯は30万円台~60万円台です。30万円台の指輪からダイヤモンドの選択肢が増えてくるので、好みに合った指輪を選びやすくなります。

婚約指輪を選ぶときに参考になるのが、ダイヤモンドの色、透明度、重さ、カットです。この4つの要素を「4C」と良い、ダイヤモンドの価値を知る基準になります。4C以外にも、ブランドによって指輪の価格は大きく変わってきます。海外ジュエリーブランドは、長い歴史があり、製造から加工まで海外の工場で行なわれています。そのため、輸入品になるので婚約指輪の価格帯は比較的高めです。それに対して、国内のジュエリーブランドは比較的安い価格帯でも、可愛いデザインが多いので、予算が少ないという場合は国内ジュエリーブランドをチェックしてみると良いでしょう。